nurses.png女性に安心の整骨院

千葉市中央区の【さの整骨院】

千葉市中央区で評判の整骨院
お体の痛み、悩みの
ご相談は通話料無料!
詳しくはこちらをタップ↓
120/120.gif120/120.gif

事故後の処理と治療のながれ

【事故後、泣き寝入りしないために】



交通事故後の示談交渉や裁判を考えているのであれば、交通事故専門の法律事務所の弁護士に相談するのが事故解決の早道です。

保険会社との連絡や手続きは非常に煩雑で面倒です。

交通事故の被害者が保険会社からもらえる保険金は、弁護士を通すことで多くの場合大きく上がります!

さらにこれらお悩みにも迅速に対応します。


・途中で治療費を打ち切られた
・保険会社からの示談金が少ない
・保険会社の対応に不満がある
・過失割合に納得がいかない
・後遺症障害認定の等級が低すぎる

などのお悩みはよくあるケースです。

がまんや泣き寝入りをしないよう、事故にあったら最後まで十分な治療が受けられるためには、早急に交通事故専門の弁護士に相談するのがベストです。

交通事故の保険会社による補償は多くの場合、弁護士を通すことで保険金は大きく上がるのをご存知ですか?

自動車保険では保険会社によるいわゆる「示談代行サービス」があります。

これは保険会社の利益を優先させるので、裁判所の基準とされる正当な相場よりもかなり低い金額が提示されます。

最近ではテレビコマーシャルのように「事故対応が他社より良い」などという宣伝文句でご存知のように、交通事故で加害者の立場が強くなる傾向があります。

例えば、裁判所が示す正当な金額を100とすると、保険会社の提示額は40~60という割合になります。

ようするに保険会社の提示で示談をしてしまうと相場の4~6割しかもらえないことにもなります。

これは、保険会社のもともとの基準が70~80であることが原因と言えます。

いわゆる示談屋などが介入させるなどはもってのほかで、被害者側は正当な請求額を要求して当然なのです。


正当な賠償金を確保しよう



弁護士が介入することで、保険金(慰謝料)が135万円から400万円と三倍になったケースもあります。

不幸にして交通事故にあったら、心配や不安は誰でも同じ。

そんな時は迷わず交通事故専門の弁護士に相談するのがベストです。

otasukes.png


車社会の現代にあって、
交通事故はさけられないもの。
cover2.jpg

不幸にして交通事故に遭った時に、どのように対処すればよいのか途方にくれることも多いはず。


ここがポイント!
man.png

事故に遭ってしまったらまずは



No_01.pngあなたが被害者でも加害者であっても事故をおこしたらまずは警察に届け出ましょう。

交通事故治療に対する保険適用はそれが自賠責保険であっても事故証明が必要です。
事故の所轄警察署では必ず人身事故扱いにしてもらいましょう。

No_02.png病院へ行きます。そして必ず診断書をもらいましょう。

事故後はなにかと気持ちが動転しますが病院へ行き精密検査を受けてから医師の診断書をもらいます。

その時には怪我の程度や痛みの個所を細大漏らさずに遠慮なく医師に伝えます。これは後の補償をおおきく左右しますので大切です。

No_03.png診断書を警察署に提出してもらうか自分で提出します。

診断書を警察に提出すると後日警察から加害者に連絡が入ります。加害者が加入している保険会社からも連絡が入ることがあります。

その場合は通院したい整骨院か接骨院または病院名を伝えます。整骨院、接骨院と病院の二カ所でもかまいません。
そして治療の開始となります。

ただし診断結果から治療の内容や施術の方法などを納得するまで聞いてから施術してもらうようにしましょう。示談の前であれば治療費は無料なので保険が適用できるのか確かめることも重要です。

No_04.png通院する整骨院、接骨院に直接伝えるか電話で以下の内容を伝え確認してもらいます。

※ 事故が起きた日時とその状況
※ うけた怪我の程度と具合、経過と現在の症状
※ 病院でうけた診察の診断内容
※ 加入している保険の保険会社の連絡先


【保険会社への手続き】


自賠責保険の適用で個人負担0円で治療可能です!
※ 過失責任が0:10でなくても(1:9、2:8など)万が一、加害者になってしまった場合でも保険が使えるケースがあります

加入している保険会社との手続きが必要ですが、治療院が行なうこともあるので尋ねてみましょう。

手続きはとても煩雑で面倒なので、保険会社との間に入ってくれる交通事故専門の法律事務所の弁護士かかかりつけの治療院に依頼するのがおすすめです。

施術が終了したら保険会社に連絡をすると保険会社から明細を記入する示談内容書が送られてきます。

詳細は納得するまでかならず目を通してください。


【補償については】



1 治療費、診断書

2 公共の交通機関の交通費(領収書は不要です)、歩行が出来なかったり他の交通機関がない場合のタクシー代、有料駐車場、有料道路代、自家用車のガソリン代(領収書は必ずとっておく1キロあたり15円)

3 自賠責保険の基準で原則的に一日5,700円~上限19,000円の休業損害費 ※日額5,700円以上収入がある場合は要証明書

4 慰謝料 これは読んで字のごとく事故により被害者が受けた精神的ダメージにたいする補償で一日4,200円が支払われ対象となるのは「治療期間」「実治療日数」によります。

治療期間とは治療開始日から治療終了日までの日数
実治療日数とは実際に治療を行なった日数
※「実治療日数」に2を掛けたものと「治療期間」で少ない方の数字に4,200円を掛けた金額


【注意点】 

実治療日数」に2を掛けたものとは。

実治療日数の二倍の慰謝料が計算されるのは整形外科と整骨院、接骨院のみ。

鍼灸院や整体院では実治療日数だけなので慰謝料に関しても整骨院や接骨院にかかるのがお勧めと言えます。

これらは自賠責保険でのケースなので任意保険とはまた違います。

慰謝料の金額についても同様で任意保険の基準や弁護士基準もあり金額が違ってきますので必ず整骨院や接骨院の担当者に気軽にたずねてみましょう。


そのつらさ、まだ我慢しますか?

詳しくはこちらをタップ↓
120/120.gif120/120.gif

通話料は無料です。
girl25phone.png

code11.jpg

口コミで大評判の

千葉市中央の【さの整骨院】

院長 佐野 由佳

ごあいさつ


【さの整骨院】は院長のわたくし佐野 由佳をふくめて、スタッフ全員女性だけの整骨院を11年経営しております。

地元千葉市中央の皆様のみならず、東京、茨城県など遠くからお出での方にも好評を得ております。

【さの整骨院】では患者様のお体の症状に寄り添い、納得するまでお聞きとりをいたします。

日頃のつらさ、悩みをぜひお聞かせください。

また、お痛みの症状や患者様の体質もありますので、症状によって電気療法、手技療法を使い最適な施術を行ないます。

【さの整骨院】は
交通事故に強い整骨院です


交通事故治療はもちろん、スポーツ外傷で痛めた体に関する悩みはなんでもご相談ください。

【さの整骨院】は院長の佐野をはじめスタッフは全員女性なので、男性はもとより女性にも安心して施術をうけられます。

千葉中央駅、本千葉駅から直近のアクセスでございますので、交通事故の辛い症状でお困りの方にも楽にご来院いただけます。

当院での「耳つぼダイエット」も好評。

もうすこしやせればあのお洋服がまた着れる!これから婚活をしたいなどで無理のない自然にダイエットをしたい方におすすめです。


【 Topics 】


知っておきたい最新のむち打ち症の知識

【 むち打ち症 】に対する厚生労働省の認定が変わりつつあります。

車社会において、交通事故はさけられないことです。

残念ながら、万が一交通事故に巻き込まれてしまうと、どうしてもその怪我の問題が伴います。

そこでもっとも多いのが【 むち打ち症 】です。

交通事故で首を痛めたということになると外見上、目にみえないというところから軽視されがちです。

いわゆる頭痛やめまいなど、外見上の所見がないので精神的なもの。

または詐病(病気であると偽ること)とし、保険会社もそれを理由にして、損害としてなかなか認めないケースがあります。

しかし、このむち打ち症はほうっておくとのちのち重大な疾患を引き起こす事もあります。

ですので十分な注意が必要です。

この【 むち打ち症 】は頭と胴体が交通事故によって急激に違った方向の力をあたえられることです。

そのため靭帯や筋肉の障害がおき、頸椎捻挫ともよばれます。

しかし、平成28年4月より厚生労働省により新たな後遺症認定がリニューアルされました。

後遺症であるむち打ち症が12~14級程度の認定の動きが進んでいるのです。

また治療の一つである、プラッドパッチ療法が平成28年4月より保険適用になるなど、以前よりむち打ち症に対する理解度が増しています。

こわい「低髄液圧症候群」

一度、このむち打ち症になると一時的につらい時期がありますが次第に回復するように感じます。

しかし、それで油断しているとその後、頭痛やめまい、吐き気、耳鳴りなどがおき、それがなかなか快癒しない場合がしばしばあります。

この持続的でしかも悩ましい症状はいちど「低髄液圧症候群」を疑ってみることです。

この「低髄液圧症候群」は脳脊髄腔から脳脊髄液がむち打ちなどの事故によって漏れてしまうというこわい症状です。

これは脳脊髄腔の中の圧力が低下し、そのことが原因で頭痛やめまいなどの様々な症状が引き起こされるのです。

この脳脊髄液の漏れの「低髄液圧症候群」が頭痛やめまいの発症の引き金になっている可能性が、近年医学的に認められつつあります。

これまでは、交通事故によるむち打ち症による症状が「低髄液圧症候群」が原因であるということが証明されて来ませんでした。

また「低髄液圧症候群」の定義や治療法も確立していないのが実情でした。

ですので、交通事故の損害賠償において「低髄液圧症候群」によるところの損害を請求するのは大変困難で、そのことで後遺症に苦しむ人が多くいたのです。

前述のように、保険会社が精神的なものだとか、詐病としてなかなか認めないという傾向はなんとしても是正する必要があると思いませんか。

そんな状況の改善のために、まずは頭痛やめまい、吐き気、耳鳴りなどの症状があるのなら、一度でも「低髄液圧症候群」かどうかの診断をうけてみることが必要です。


【さの整骨院】のアクセスマップ


千葉県千葉市中央区神明町24-26

平日午前 9:00~11:30・午後 15:00~18:15
土曜日 9:00~11:30木曜日、日曜日は休診
外房線「本千葉」駅から徒歩5分、
タウンライナー県庁駅前から徒歩7分
、京成千葉線「千葉中央」駅から徒歩8分


痛みの無い生活を取り戻しましょう